辞書を読む

理系が辞書をちょっとずつ読んでみる

「角川 新字源 改訂新版」P4

[一敗塗地]いっぱいちにまみれる 戦争で大敗する。完全に負けて腹わたや脳みそが地面で泥まみれになる。

えーっ!?おじさんは家の中で小さく声を上げてしまった。

一敗地に塗れるって、ハラワタや脳みそが泥まみれって、ほとんどゾンビ映画ではないか。史記のころだから、負けて死んでるってことなのか…相撲取りが負けてもう一回みたいなこととか、美味しんぼで雄山に負けた史郎が今度はこの料理でなどを想像してしまっていたので、衝撃的だった。

こういう思い込みや勉強不足を解消するために辞書を毎日読んでみることにしたのだが、さすがにこの表現は声が出た。

WikiやらGoogleやらではわからないことがここにある。

大人にこそ国語辞典や漢和辞典は必携である。

関係ないが、ゾンビーバーというゾンビ映画はちょっと面白い。